男の人

建物の大きさに合った足場シート|希望にあったサイズを探す

メンテナンスを行う

ヘルメット

工場には様々な特殊な機械があります。製品を効率的に作るために特殊な機械が多く設置されています。この機械の中には、スリット加工といったものがあり、指定した幅に切断する加工法です。ブレス用の材料を希望の幅にあわせて切断し、リボンのような細く切断することができます。機械の構造としては、上と下の二箇所に円盤の刃物が付いており、それで材料を切断が可能です。切断する幅を計る際には、スペーサーで回転刃の間隔や位置を決めてカットをします。また、スペーサーを組み合わせることで、どの幅にも対応できるので、スリット加工を置いている工場も多いのではないでしょうか。

スリット加工の回転刃は上と下が接触していないため、材料に合わせて隙間を開けるように設定を行わないといけません。設定せずに切断してしまうと、材料の断面にバリやダレ、カエリが起きてしまいます。そのため、スリット加工の隙間設定をする際には、ある程度の知識や経験がないと失敗してしまう場合があります。また、スリット加工は定期的にメンテナンスをしなくてはいけません。メンテナンスを怠っていると、切れ味が悪くなってしまいます。さらに、回転刃が悪くなってしまいサビになってしまうことがあります。スリット加工が悪くならないためにも、メンテナンスを行っておいた方が良いでしょう。スリット加工の状態を見てくれる業者では、メンテナンスに対応しています。定期的にみてもらうことで、スリット加工を長く使用できますし、故障を防いでくれます。